初代セルシオ 10系

セルシオは1989年10月に誕生しました。
この初代セルシオを
セルシオ10と呼んでいます。




セルシオのエンジンはV8、4000ccを使用し
エアサスなどのサスペンションも充実し
装備の違いでA・B・Cのグレードがありました。


海外で評価の高い日本車ですが、
当時は安くて小回りが利き高性能
というイメージが強かったのです。
高級車と言えば、
ベンツやBMWといったドイツ車に注目が集まっていました。


ソレをトヨタは米国を中心にマーケティング行い
ドイツ車には無い静粛性と快適性に繊細さを加えた
レクサスブランドを築きあげました。


セルシオはトヨタの車の中では
クラウンとセンチュリーの間に位置する新しい車種として
絶大な人気を持つようになったのです。


セルシオは法人車としても使用されましたが、
VIPカーと呼ばれるドレスアップ改造車を好む
若者の間でも絶大な人気となり
中古車市場でも値段が下がらない車となりました。


スポンサード リンク

ソアラの魅力
ソアラの思い出
ソアラの歴史〜1
ソアラの歴史〜2
ソアラの歴史〜3
ソアラ30が注目の的
セルシオの魅力
セルシオに憧れて
セルシオの魅力
セルシオの歴史
初代セルシオ 10系
セルシオ2代目 20系
セルシオ20系 後期
セルシオ3代目 30系
セルシオ30系 後期
ゼロクラウンの魅力
ゼロクラウンへの憧れ
ゼロクラウンという名前
ゼロクラウンの変更点
新しいゼロクラウン

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

トヨタ中古車 トヨタ中古車の魅力 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system