ソアラの歴史〜2

【80年代後半】Z20系

ニューソアラとして
登場し絶大なる人気を誇る。

当時のベンツ、BMWより、
ニューソアラの方が目視での内装質感が
輸入車のような無骨な感じもなく、
若い女性受けも最高でデートカーとして一世風靡した。

新車購入層はボンボン系のユーザーも多く、
初代から乗換え組みも多数。


勿論、ボクもこの乗換え組みの一人です。


「ソアラに乗れば女にモテる」と
ストレートに直撃できた黄金時代。

装着部品として、ゲインズのフェンダートリムにビームスリー、
純正エアロでパールツートン、
アルミはBBS仕様が人気の時代。

流麗なスタイリングに若者は憧れ誰もが欲しがり、
値落ちは非常に低く中古車は高値安定。

デビュー時、新車購入し短期間で手放すと
高額車両にもかかわらず、ほとんど出費せずに乗れた時代。
若者は鬼のローンで無理して購入し、
エアロはオートピスタに、
アルミはBBS-RSなどを装着しブランド志向の成金仕様。

この当時女子大生や女子高生の知名度や人気度は抜群に高く、
ソアラを乗り付けて路上ナンパするというのが、
不良っぽい人達を中心に若者全般に広く流行した。

携帯やパソコン等を使って出会うという手段はなく、
この当時「車はソアラに乗っている」が
男の最大の武器であり、
女性に対し若者にとって有効なステイタスシンボルで
人気絶頂の時代であった。


当時、大学を卒業後に就職したのですが
ドコの誰から聞きつけたのか
ボクがソアラに乗っているという噂を聞いた女子社員が
初出勤の日に会社の窓から顔を出して
ボクの来るのを待っていたほどの威力でした。


スポンサード リンク

ソアラの魅力
ソアラの思い出
ソアラの歴史〜1
ソアラの歴史〜2
ソアラの歴史〜3
ソアラ30が注目の的
セルシオの魅力
セルシオに憧れて
セルシオの魅力
セルシオの歴史
初代セルシオ 10系
セルシオ2代目 20系
セルシオ20系 後期
セルシオ3代目 30系
セルシオ30系 後期
ゼロクラウンの魅力
ゼロクラウンへの憧れ
ゼロクラウンという名前
ゼロクラウンの変更点
新しいゼロクラウン

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

トヨタ中古車 トヨタ中古車の魅力 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system