ゼロクラウンの変更点

2003年12月、
「静から動への変革」をテーマに
「全てをゼロから発想するクルマ造り」を行い、
プラットフォーム、エンジン、
サスペンションといった主要コンポーネントを全て一新。
エンジンもX6に変えられた。


かつては、
憧れとして君臨していたクラウンだったが
セルシオやマジェスタの登場で
最上級車ではなくなった事や、
中年向けのイメージをずっと引きずったままで
ユーザーの対象年齢の高齢化が問題となっていた。


そこで、「ZERO CROWN(ゼロ・クラウン)」として
イメージを一新させることにしたのだ。

ただし、「ZERO CROWN」は正式名称ではなく通称である。


一般にゼロクラウンと呼ばれるのは
12代目のS180系からである。

イメージであるCMでは、
「ZERO CROWN-かつてゴールだったクルマが、
 いまスタートになる。」
をキャッチコピーにした。


また、クラウンのエンブレム形状が
角張ったデザインに変更され、新しくなっていた。

移り変わりの速い国産車のデザインの中で
優雅さとカッコ良さを追求し
若者にも指示されるデザインとなっている。


居住性は言うまでも無く
外国車の雄であるメルセデスを超える
装備や乗り心地を維持している。


スポンサード リンク

ソアラの魅力
ソアラの思い出
ソアラの歴史〜1
ソアラの歴史〜2
ソアラの歴史〜3
ソアラ30が注目の的
セルシオの魅力
セルシオに憧れて
セルシオの魅力
セルシオの歴史
初代セルシオ 10系
セルシオ2代目 20系
セルシオ20系 後期
セルシオ3代目 30系
セルシオ30系 後期
ゼロクラウンの魅力
ゼロクラウンへの憧れ
ゼロクラウンという名前
ゼロクラウンの変更点
新しいゼロクラウン

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

トヨタ中古車 トヨタ中古車の魅力 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system